ウイングガンダムは自分がガンダムから離れていて、また復帰した作品なので思い入れが大きいです。

ちょうど連休もあったので一気に製作しました。

ホビージャパンの田仲氏の作例がテレビ版に近づけるような改修でしたので、それに沿って改修していきました。



■頭部

ブレードアンテナをシャープに。

後頭部下フチを削り込み、顔の上への可動範囲を若干増しています。

メイン・サブカメラはメタリックテープ+オーロラデカールを貼り付け。


■胴体

マシンキャノン部は砲門を薄く削りシャープに。

色分け部分は基本的にパーツ分割されているので、丹念にペーパーをかけ

ツライチに見えるように調整。

センサー部分はメタリックテープ+オーロラデカールを貼り付け。


■腰部

各アーマーの二段エッジを整形。

サイドアーマーの裏をエポパテとプラ板で塞ぎ、

TV設定にある表面下部の丸モールドを追加しました。

腰後部のバーニアは上腕と同じく市販パーツに置き換えました。


■腕部

肩の外装をプラ板で1.2mm延長。

肩装甲の白いプレート裏をエポパテで埋めています。

上腕側面のバーニアは市販パーツでディテールアップ。

手は表情を持たせるために付属のものの他に

「HDMウイングガンダムVer.Ka用」を使用。


■脚部

太もも外装をプラ板で1mm延長。

合わせて、キットのパーツ分割は横になっていますが、テレビでは前後にスリットが入ってるので形状変更。

足首部をエポパテで埋めています。

足首装甲側面の丸モールドと足先のバーニアを市販パーツに置き換え。


■バスターライフル

エネルギーカートリッジを若干末広がりに取り付け角度を変更。

センサーは市販パーツ+メタリックテープに置き換え。



■シールド

唯一継ぎ目が目立つ箇所があるので、丁寧に消しています。

裏側の左右の張り出し部分の上面にスジ彫りをし、分割面の雰囲気を出しました。

先端部をシャープに整形し、肉抜き穴をポリパテで埋めています。

グリップはこのままだと前腕への接続ユニットに当たり、奥まで収納できないので一部削ってます。


■アクションポーズ

最新のMGなので可動範囲が広いです。

色々なポーズを簡単に取ることができます。


タイトルコールのポージング。

このポーズが取らせたくて製作したと言っても言いすぎではありませんね(笑

太ももを横に延長してるので、干渉される箇所は削っています。


■バードモード

手を取り外さなくてはいけない以外は設定通り変形します。

ウイングのギミックも相まってカッコイイです。


■塗装

洗浄→サーフェイサーEVOで下地処理後、塗装工程へ。

ホワイト、レッド、イエローには発色をよくするためホワイトを丁寧に吹き付けます。

本体等ホワイト ・・・ EXホワイト+ブラック+蛍光ピンク+α

本体等レッド ・・・ レッド+ハーマンレッド+EXホワイト+ブラック

本体等ブルー ・・・ スージーブルー+ブラハムブルー+コバルトブルー+インディブルー+EXホワイト+クリアーレッド 

本体等イエロー ・・・ 黄燈色+EXホワイト+キアライエロー

関節等グレー ・・・ グラファイトベースメジアム(ロックペイント)+EXホワイト+スージーブルー+ミッドナイトブルー+グレー24

武器等グレー ・・・ グラファイトベースメジアム(ロックペイント)+EXホワイト+パープル+ブラック

スミ入れは下地の色にあわせて複数用意し使い分けてあります。

拭き取りはZippoオイルライターのオイルで、丁寧に拭い取りました。


デカールはガンダムデカールを数種類用意し、マークセッターとマークソフターで馴染ませています。


トップコートはつや消しよりの半光沢クリアーで。



最後までご覧いただきありがとうございました。

プラウザでお戻りください。

inserted by FC2 system