リゼルは当初製作する気がなかったんですが、隊長機に惚れてしまい製作しましたw

 長いメガビームランチャーと飛行形態のフォルムがカッコイイです。



■頭部

額の白い部分をプラ板で1mm延長。

マスク部は一旦切断し、形状変更しています。

ゴーグル部はオーロラデカールを貼り、銀色に塗装した

スリットプラ板を内部に埋め込みました。

頬は炙ってふっくらした形状に。

バルカン砲はメタルパーツに差し替えました。



■胴体

首基部はくり抜いてアゴを引けるようにし、

すき間は市販パーツにてディテールアップ。

襟周りはエッジを削り込みました。

胸部は寂しい感じがしたので、市販パーツにてディテールアップ。


■腕部

肩の白いパーツの中を市販パーツでディテールアップ。

肩センサー部は土台を市販パーツに差し替え、内部は光が反射するように、

メタリックテープ+オーロラデカールを貼り、市販パーツで蓋をしました。

手は表情を持たせるために市販パーツで数種類製作

(左右平手、左右握り拳、左右銃器用)




■脚部

白いダクト部分をスリットプラ板でディテールアップ。

各部を市販パーツ、スジ彫りでディテールアップ。

膝関節部をメタルパーツでディテールアップ。

くるぶし部分を市販パーツでディテールアップ。

フロントアーマーダクト部を市販パーツでディテールアップ。

サイドアーマーをプラ板でディテールアップ。

リアアーマーダクト部をスリットプラ板でディテールアップ。

フロントアーマー、サイドアーマーの裏をエポパテとスリットプラ板で塞ぎました。

膝ガード部分をシャープに整形し、プラ板で塞ぎました。





■シールド

空洞をスリットプラ板で埋めています。




■バックパック

左右の接続部分を削って、先端部を少しすぼまった感じにしました。

バーニアはメタルパーツに差し替え。

(外部、内部共に塗装しています)



■メガ・ビームランチャー

センサー部をメタリックテープ+オーロラデカールを貼り付けし、

市販パーツで蓋をしました。

ケーブル部分は一旦切り取って、整形し再接着。

各箇所にメタルボールでディテールアップ。

■ビームライフル

隊長機には付属してませんが、おまけとして

製作しました。

センサー部をメタリックテープ+オーロラデカール

を貼り付けしています。


■ビームサーベル

柄部分はプラ棒にて延長しました。

サーベル部分はヤスリかけをし、蛍光ピンク+つや消しクリアー

をしています。





■塗装

中性洗剤にてパーツ洗浄>サーフェイサーEVOで下地処理後、塗装工程へ。

ラッカー系は「フィニッシャーズ、ガイア、Mr.カラー」を用途にあわせて使います。


肩部、背部等ブルー

1層目 ・・・ ブルー14

2層目 ・・・ スーパーファインコバルト+ルマングリーン+ファンデーションホワイト+アルティメットブラック

3層目 ・・・ スーパーファインコバルト+ネービーブルー+ルマングリーン

気持ち緑かかった青の様な配色にしております。


胸部等ブルー ・・・ ミッドナイトブルー+EXホワイト+インディブルー

脇腹部等ブルー ・・・ EXホワイト+ミディアムブルー+インディブルー

腹部、膝等ホワイト ・・・ ファンデーションホワイト+ブラック

関節等グレー ・・・ グラファイトベースメジアム(ロックペイント)+EXホワイト

武器等 ・・・ ミッドナイトブルー+アルティメットブラック+関節等グレー


スミ入れは下地の色にあわせて複数用意、こちらも色調調整し使い分けてあります。

ブルー ・・・ フラットブルー+フラットホワイト

ブルー ・・・ フラットブルー+フラットブラック

グレー ・・・ ジャーマングレー+フラットホワイト


拭き取りはZippoオイルライターのオイルを含ませた綿棒で、丁寧に拭い取りまたは馴染ませています。

デカールはガンダムデカール各種(シナンジュ用、ユニコーン用がメイン)と市販デカールを使用しました。

GFFを参考にしています。


トップコートはHGクリアーツヤ消しを使用。





■アクションポーズ

関節部ともに良好なので、様々なポーズがとれます。

ただし、股関節が緩く、上半身の重さで傾いてしまうので、補強しました。





■ウェイブライダー形態

パーツ取替え方式なので、塗装剥げの心配も無く、なによりもスタイルが素晴らしいです。






最後までご覧いただきありがとうございました。

プラウザでお戻りください。



inserted by FC2 system