ようやく完成したって感じですね。 まあ浮気が多かったのが要因なのですがw

 さすが最新のMGなので、そのままでもカッコイイのですが、ちょっとしたディテールアップを施し、より精度を上げました。

 頭部

 特に問題もありませんでしたので

 各部をシャープに仕上げました。

 ツインアイはセンサー用メタリックシールを

 切り出し作成しました。

 鏡面に近い反射性をもっているので光が当たると

 かなり反射します。

胸部

胸部ダクトは稼働する為のヒンジが丸見えになっていたので、

干渉部を削り、プラ板で蓋をして隠しました。

また、丸い形状から角ばった形状に変更し、

フレームと同じ色に合わせることにより違和感を消しました。

腕部

特に主だった改修はしていませんが、

ケーブルを後ハメにし合わせ目を消しました。

表情が欲しかったのでハイディティールマニュピレータを用意しました。

 腰部

 フロントスカートはプラ板を貼り付け

 一回り大型化し、C面を尖らせシャープに形状変更。

脚部

 各部スジ彫りでディテールアップを行っています。

センサー部分にメタリックテープを貼って、

ディテールアップしています。

 塗装

 中性洗剤にてパーツ洗浄>Mr.サーフェイサー1000番で下地処理後、塗装工程へ。

 トリコロールカラー、「ホワイト、レッド、ブルー、イエロー」には発色を良くするためホワイトを丁寧に吹き付けます。

 今回ベースとなるホワイトにはガイアノーツカラーの「EXホワイト」を使用。

 ラッカー系は「フィニッシャーズ、ガイア、Mr.カラー」を用途にあわせて使います。

 本体等ホワイト ・・・ EXホワイト+アルティメットブラック

 内部メカ等グレー ・・・ グラファイトベースメジアム+EXホワイト

 胸等ブルー ・・・ スーパーファインコバルト+EXホワイト+蛍光ピンク

 アンテナ等イエロー ・・・ キャラクターイエロー+EXホワイト+蛍光オレンジ

 腹等レッド ・・・ スーパーイタリアンレッド+EXホワイト

 ビンから出した塗料をそのまま塗装するのではなく、それぞれ色調とバランスを考慮しながら調色しています。

 スミ入れは下地の色にあわせて複数用意、こちらも色調調整し使い分けてあります。

 拭き取りはZippoオイルライターのオイルを含ませた綿棒で、細かい拭き取りはNY.綿棒・面相筆を使って

 丁寧に拭い取りまたは馴染ませています。

 デカールはMGエクシア用デカールを使用。

 マークソフターとマークセッターでしっかり貼りつけております。

 トップコートはEXつや消しクリアーでコート。


最後までご覧いただきありがとうございました。

プラウザでお戻りください。

inserted by FC2 system